アンダーヘアの毛抜き処理はリスクがたくさん・・・

アンダーヘアの自己処理はどのような方法で行っていますか?

多くの女性はカミソリか毛抜きを使って自己処理を行っているようですね。
でも、実はどちらも肌に負担をかけてしまうので、あまりオススメしません。

カミソリは肌の角質まで一緒に剃り落としてしまうため、
肌が乾燥しやすく色素沈着の原因にもなります。

しかし、それ以上に肌に負担をかける処理方法が、毛抜きです。

毛抜きは自己処理のオーソドックスな方法かもしれませんが、
実は一番肌に負担をかける方法なのです。

カミソリで処理した直後はスベスベですが、
2日~3日経過するとチクチクとした毛が生えてきます。

毛抜きだと1本1本処理しないといけませんが、
一度抜いたムダ毛はなかなか生えてこないので、しばらくの間スベスベの肌が保てます。

そのため、毛抜きで処理する方も多いのですが、
肌トラブルを招く大きな原因を作ってしまいます。

炎症 → 化膿

毛を抜くということは、毛根より大きい毛を無理やり引っこ抜くということです。
根本から引っこ抜くため、黒ずみや毛穴に毛が残ることはありませんが、毛穴は赤く腫れあがります。

実際腫れているようには見えませんが、
抜いた毛穴は鳥肌のようにプツプツと盛り上がっていますよね?
これは、毛穴が炎症を起こしている状態です。

盛り上がった皮膚はすぐには戻らず、毛穴が開いたままの状態がしばらく続きます。
すると、そこから細菌などが入り、化膿してしまう可能性があります。

ひどい場合は、手術をしないと治らない場合もあります。
特に、ハイジニーナ部分はとてもデリケートな部分なので、更に炎症を起こしやすくなります。

埋没毛

また「埋没毛」という、毛穴トラブルの原因にもなります。

埋没毛は毛が埋もれてしまっている状態のことで、
皮膚上に出てくることができず皮膚下で伸び続けている毛のことをいいます。

毛を抜く際に生えている方向に逆らって抜いてしまうと、このような状態になってしまいます。
しかし、その度に無理やり引っこ抜くため、毛穴トラブルは一向に治ることがありません。

いくら仕上がりがきれいに見えるからといって、
毛抜きを使っていた人は、今後は使わないようにしてください。

いかがでしたか?
毛抜きに限らず、アンダーヘアの自己処理は危険がたくさんあるんですよ。
セルフケアをしている人はこちらのページも目を通しておいてくださいね。

かなり危険!?自己処理のデメリットとは?

ページの先頭へ戻る