家庭用脱毛器はデリケートゾーンに使えるの?

家庭用脱毛器がひそかに人気を集めています。
脱毛サロンやクリニックに通わなくても、自宅で脱毛できる機械として人気急上昇中です。

以前の家庭用脱毛器は性能もあまり良くなく、そこまで注目されていませんでした。
しかし、現在販売されている家庭用脱毛は、エステ並に効果があると言われています。

そんな家庭用脱毛器ですが、はたしてハイジニーナ部分の脱毛はできるのでしょうか?
デリケートゾーンにも使えるなら、脱毛サロンに通わなくてもいいので、気になるところですね。

メーカーは推奨していない

最近の人気家庭用脱毛器には、ケノン、トリア、センスエピ、no!no!hair! などがありますが、
デリケートゾーンの脱毛は推奨していないものが多いようです。

デリケートゾーンOK ケノン
デリケートゾーンNG トリア、センスエピ、no!no!hair

インターネットで「脱毛器名+デリケートゾーン」で検索すると、
デリケートゾーンにも使えます!といったホームページがたくさん出てきますが、
メーカーは推奨していません。

デリケートゾーンOKのケノンでさえ、想定しているのはVラインだけです。
IラインやOラインは推奨していません。

使用は自己責任となりますのでご注意を。

それでも使いたい人へ

たしかに家庭用脱毛器だと誰に見られることもなく好きな時間に行うことができるので、
通うのが面倒な人、恥ずかしい人にとっては魅力的。

ただし、脱毛サロンの脱毛機器と比べると照射出力は弱くなります。
そのため、効果が出るのは遅くなります。

家庭用脱毛器でハイジニーナ脱毛を行う際気を付けることは、
脱毛する部分のムダ毛を剃っておくことです。
毛が生えた状態だと毛に熱が集まりやすく、火傷してしまう可能性があります。

照射するときのレベルは、一番低いレベルから始めましょう。
いきなり高いレベルから始めてしまうと危険です。

ハイジニーナはデリケートゾーンなので、低いレベルでも痛みを伴います。
慣れてきてから、徐々にレベルを上げましょう。

サロンやクリニックではスタッフの方が調整して行ってくれますが、
家庭用脱毛器は自己判断が重要となります。

また脱毛前・脱毛後は保冷剤でしっかりと冷やしましょう。
冷やしておくことで痛みを感じにくく、脱毛後の腫れも早く引きます。

他にも、ホクロやシミ・アザ部分には照射しないなど、
気を付けなければいけない点はいくつかあります。

ただでさえデリケートゾーンの自己処理には注意を払わなければならないのに、
もっと危険な家庭用脱毛器をわざわざ使う必要はないと思っています。

目指しているゴールは、キレイに脱毛することですよね?
だったらアンダーヘアはプロの手に任せたほうが安心ですよ。
意外と恥ずかしくないものです。

>> 本当に恥ずかしい?体験者が語る真実、脱毛士のホンネ

ページの先頭へ戻る