かなり危険!?自己処理のデメリットとは?

デリケートゾーンのムダ毛をセルフケアする女性は多いと思いますが、実は危険がいっぱい!!
自己処理にはどんなデメリットがあるのか見ていきましょう。

デリケートな部分に肌を傷つけてしまう

自己処理方法で一番多く使用されているのが、カミソリ。
カミソリは刃物で一気にムダ毛を剃ることができるものですが、
それと同時に肌の角質なども削ぎ取ってしまいます。

角質は肌を守るものなので、それを取ってしまうということは、
傷ついた肌をさらしたままにしていると同じことです。

すると、ばい菌や細菌による感染症のリスクが高まります。

また、カミソリで処理した直後はツルツルかもしれませんが、
1日~3日程でチクチクとした毛が生えてきます。

見た目が汚らしかったり痒くなってくるので、また剃る→生える→剃るの繰り返しで、
ムダ毛はどんどん濃く皮膚はどんどん固くなってしまうし、黒ずみも出来てきます。

すると今度は毛抜きを使い出す方がいるのですが、
毛抜きはカミソリよりも危険度が高くなります

毛抜きは処理跡がきれいになりますが、ムダ毛処理で一番やってはいけない方法です。

毛穴も開いたままでばい菌が入りやすく、感染症のリスクはカミソリ以上。
また、埋没毛になりやすく、さらには毛嚢炎になるケースも考えられます。

一度抜くとなかなか生えてきませんが、
毛抜きは肌トラブルが最も多く、またどの自己処理方法よりも痛いです。

自己処理は簡単でいつでもできるのがメリットですが、
特にデリケートゾーンでは肌トラブルや色素沈着を引き起こしてしまう可能性が高いのです。

いかがでしたか?
肌トラブルを起こしたり色素沈着がひどくなる前に、いっそのこと脱毛サロンを検討してみては?今、デリケートゾーンの脱毛をしている女子が増えているんですよ。

>> こんなに快適になるなんて!!ハイジニーナ脱毛体験談

ページの先頭へ戻る