どんな体勢で脱毛するの?

解説する女性ハイジニーナ脱毛というのは、デリケートゾーンの脱毛のこと、つまり、V・I・Oラインのアンダーヘアを脱毛することです。

ワキや脚などの脱毛と違って特殊な部分でもあり、恥ずかしい部位でもあるので、いったいどのような体勢になるのか、不安になりますよね。

これからハイジニーナ脱毛を行おうとお考えの方や、興味はあるけど不安がいっぱい...。そんな方のために、ハイジニーナ脱毛を行う際の体勢を分かりやすく紹介します。

Vライン

Vラインというのはおへその下の三角形になってるアンダーヘアのことを指します。
パンツを履いたときに、両サイドや上からアンダーヘアがはみ出してしまうことがありますよね。

このVライン全体をひとまとめのコースにして脱毛できるサロンもあれば、
両サイドや上だけ・下だけといった部分に分かれているサロンもあります。

Vラインの脱毛体勢は仰向けになり、紙ショーツをずらし、脱毛する部分のみを出します。

Iライン

Iラインというのは女性器周辺の部分を指します。
デリケートゾーンの中でも一番デリケートな部分で、粘膜が近いので痛みも一番感じやすいところです。しかし、芸能人やモデルなどメディアに露出の多い方たちは、だいたいの方がツルツルなのだとか...。

Iラインの脱毛体勢は、仰向けになり片足ずつ上げてくの字になります。
両足で例えるとM字開脚のような体勢になります。

Oライン

Oラインというのはおしりの穴のまわりの脱毛になります。
つまり肛門周辺のアンダーヘアです。

一般的にはパンツからはみ出すほどの毛量でもないので、
Oラインを脱毛している方はVラインに比べれば少ないようです。

けれど、最近ではハイジニーナ脱毛やVIOセット脱毛が流行してきたので、
Iラインを脱毛するついでに一緒に行う女の子も増えているみたいです。

Oラインの脱毛体勢は、うつ伏せの姿勢になり紙ショーツをずらします。
お尻や邪魔なお肉を引っ張ったり寄せたりしてライトやレーザーを照射します。


やっぱり恥ずかしい・・・と言う方は、こちらも参考に。
>> 本当に恥ずかしい?体験者が語る真実、脱毛士のホンネ

ページの先頭へ戻る