ハイジニーナ脱毛すると黒ずみや色素沈着は消える!

V・I・Oラインのデリケートゾーンは、他の部分と比べて色素沈着しやすいところです。
自己処理している人は、していない人と比べると、黒ずみや色素沈着が目立つことが多くなります。

また、自己処理していない人でも、黒ずみや色素沈着が目立つ方も少なくありません。

これはどうしてかというと、基本的に黒ずみや色素沈着は擦れてできることがほとんどで、
その多くが衣類による擦れだからです。

ですので、下着の素材にも気を付けないといけないのですが、
Tバックなど面積の狭い下着を履いている人は、デニムやパンツが直接肌に触れて擦れて色素沈着がおこりやすくなります。

「この黒ずみや色素沈着、ハイジニーナ脱毛で消えるの?」という質問をたまにいただきますが、
答えは「消えます(ただし脱毛方法によります)」

どの脱毛方法で黒ずみは消えるの?

医療レーザーは×、光脱毛は○

一般的に医療機関で行われているレーザー脱毛は黒いものに反応して毛穴を焼くため、
黒ずみや色素沈着にも反応してしまいます。

そのため、消えるどころか火傷を引き起こしてしまう恐れがあります。
むしろ色素沈着を作ってしまう原因にもなるため、気になる方はオススメできません。

逆に脱毛サロンで使用されている脱毛機器はほとんどが光脱毛(フラッシュ脱毛)で、
黒いものに反応するという仕組みはレーザー脱毛と変わりありませんが、
最近の光脱毛は黒ずみや色素沈着を薄くすることができます。

どうして光脱毛は黒ずみを薄くできるの?

光脱毛はフォトフェイシャルと同じ原理で美白効果のある光を照射するからです。

フォトフェイシャルは、シミを除去するのに使われているマシン。
顔に光を当てて肌奥のメラニンを撃退します。

デリケートゾーンに照射を繰り返していくことで、
脱毛はもちろん色素沈着もどんどん薄くなっていきます。

また、ある脱毛サロンでは、ホワイトニングジェルを塗るところもあります。
美白効果のある光を照射+自宅ケアとして美白効果のあるジェルを塗ることで、
気になる色素沈着をダブルで撃退します。

ムダ毛が薄くなると同時に、肌もキレイになるなんて一石二鳥ですよね。
色素沈着の濃さは人それぞれなので、完全に消える人もいれば、少し薄くなるだけの人もいます。

光脱毛はハイジニーナ脱毛に最適な脱毛法。
黒ずみの改善のほかにもたくさんのメリットがあるんですよ。

>> デリケートゾーンは光脱毛がマスト!!光脱毛を勧める6つのメリットとは?

ページの先頭へ戻る