本当に恥ずかしい?体験者が語る真実、脱毛士のホンネ

デリケートゾーンのムダ下を処理するハイジニーナ脱毛は、
やってみたいけど恥ずかしいから...と一歩を踏み出せない方が多いようですね。

確かに、V・I・Oラインのデリケートゾーンは普段人に見られることなんてまずありません。
温泉や更衣室などは別ですが、そこでもまじまじと見ることなんてありませんよね。

なのにその部分を脱毛するとなると、
「恥ずかしい体勢でじっと集中して見られるんじゃないか...」
そんなことが頭をよぎると、やはり躊躇してしまいます。

確かに、恥ずかしさが全くない部分ではありません。

だいたい、ムダ毛を見られることが恥ずかしいと感じること人は、
ワキや脚でさえ恥ずかしいと感じます。

そんな方がV・I・Oといったデリケートゾーンを脱毛するとなれば、
かなり勇気がいるのかもしれません。

編集部スタッフが体験した感想

私も実際にハイジニーナ脱毛の経験がありますが、
カウンセリングや最初の脱毛施術はとても恥ずかしかった記憶があります。

ただ、恥ずかしいのは最初の1回~3回までです。

脱毛施術を行ってくれるスタッフの方は、皆さん何十人・何百人と施術を行ってきた方ばかりです。
ですので、スタッフの方からすれば見慣れている所でもあり抵抗のない方ばかりです。

もちろん、施術を受ける側が恥ずかしいと思っていることも理解されているので、
恥ずかしがらなくても大丈夫といったお話や雰囲気を出してくれます。

なので始めの1回や2回は恥ずかしい気持ちがありましたが、
回数を重ねていくとそんな気持ちもなくなり、
早くキレイにならないかな~なんて暢気な気持ちで通っていました。

実際に最近ではV・I・Oラインの脱毛を行う女性が増えてきており、
以前ほど珍しいものでもなく抵抗が少なくなってきているのが現状です。

カウンセリングの際に「やってみたいけど恥ずかしさが...」と話してみると、
「皆さん結構やられている部分ですよ。スタッフも慣れている者ばかりなので安心して申し込んで大丈夫です。」と言われました。

この言葉にすごく安心して、ハイジニーナ脱毛をやろうと決心がつきました。

また、デリケートゾーンはワキや脚よりも皮膚が柔らかく、痛みも伴いやすい部位です。
そのため、施術直前までは恥ずかしいという気持ちが勝っていましたが、施術が始まると痛みのほうに集中してしまい恥ずかしさは忘れていたような気がします。

実際に施術者はどう思っているのか?

この点について、ピュウベッロの脱毛士の方に聞いてみました。

インタビュー

Q. ハイジニーナ脱毛の未経験者は、デリケートゾーンを脱毛士の方にお見せするのが恥ずかしいのですが、脱毛士さんはどんな気持ちでVIO脱毛の施術をされてますか?


A. 恥ずかしいところを脱毛するので、お客様が恥ずかしい気持ちにならないような配慮をしております。また、こちらとしては部位関係なく、お客様をキレイにして差し上げることが仕事ですので、その気持ちのみです。


※言葉が硬いですが、「気にしてないよ」と言いたいのはヒシヒシと伝わってきました。

また、インタビューのときにたまたまハイジニーナ脱毛の施術に来ていた方に感想を伺いました。
(Hさん、ありがとうございました。)

インタビュー

脱毛するかどうかを迷っていた時期は、脱毛士さんにあそこをみられちゃう!と恥ずかしい気持ちと不安な気持ちでいっぱいでしたが、いざ施術をうけると、脱毛士さんはテキパキ脱毛していくので、恥ずかしい!という気持ちを感じませんでした。


また、脱毛士さんが黙々と施術のみするのではなく、少し会話を交えてくれるので、ひらすら沈黙ということもなく、気まずさも感じませんでした!


施術の際は、脱毛器の光から目を守るため、タオルで目を覆った状態で脱毛するので、脱毛士さんの視線も気になりませんでした。



デリケートな部分だからこそ、サロン選びがもっとも大切!

初めての方から「どこのサロンを申し込んでいいのかわからない」という声をよく聞きます。
デリケートゾーンは他の部位と比べると特殊なので、なるべく痛みが少ない方がいいし、スタッフの気配りがしっかりできていることが重要。安けりゃいいってもんじゃありません。

ピュウベッロは脱毛経験者に選ばれる、ハイジニーナ脱毛の実績・人気No.1サロン

ハイジニーナという言葉が流行るずっと前から取り組んできたピュウベッロは、実績も完成度も他のサロンとは一味違います。クオリティの高さと満足度の高さで脱毛女子を虜に。ハイジニーナが恥ずかしいと思っている人にこそお勧めしたいサロンです。今なら最大30%OFFになるキャンペーン中!

詳しくはこちら

ページの先頭へ戻る