Vラインの脱毛で得られる効果

アンダーヘアの脱毛で真っ先に思い浮かぶのが、Vラインの脱毛。

「IラインやOラインの脱毛は抵抗があるけれど、Vラインだったら大丈夫かも...」
という人は少なくありません。

Vラインとはビキニラインのことで、
水着やショーツを履いた時にV字のところにある陰毛のことです。

Vライン

Vラインは何の為に脱毛をするのかというと、
Vラインの毛の量が多く、ショーツの上や両サイドから毛がはみ出て恥ずかしいという人が脱毛しています。水着を着るときに処理している人は、一度は「脱毛したい」と思ったことがあるのでは?

毛を全て無くすこと、毛の量を少なくすること、好きな形に整えることが可能です。
脱毛サロンでは様々な形のテンプレートが用意されていて、逆三角形・タマゴ型・長方形などがあります。

Vラインのデザイン

また、脱毛を繰り返し行うと、毛が細くなるという現象も起こります。
そのため、タワシのような剛毛が嫌で、柔らかくするために脱毛する人もいます。

Vラインの脱毛は、ツルツルにしたい人よりも、はみ出る部分を脱毛する、毛を柔らかくする、ボリュームを押さえる、といった目的で脱毛する人が圧倒的に多い。

どうやって脱毛するの?

脱毛の方法は、自宅での自己処理もできますし、プロに任せることもできます。

自己処理

自己処理の場合はデリケートゾーンですので注意しなければいけません。
毛抜きの場合は皮膚の中に毛が埋まってしまう埋没毛のトラブルや、カミソリの場合は皮膚への摩擦で色素沈着の恐れがあります。

ご存知のとおり、毛抜きやカミソリは一時的で、すぐにまた生えてくるし、
何度処理しても毛が薄くなるなどの効果もありません。

毛抜きやカミソリに比べると、家庭用脱毛器のほうがおすすめです。
家庭用脱毛器は色々ありますが、フラッシュ脱毛のケノンやセンスエピなどが効果が高いようです。

ただし、脱毛器は素人でも扱えるよう、とても低い出力しか出すことができません。
エステサロンよりもはるかに効果は低いわりに、ハイジニーナコース以上の料金がかかります。

クリニックやエステサロン

アンダーヘアはデリケートな部分だけに、専門家の手に任せましょう。
その場合、医療レーザー脱毛、光脱毛やワックス脱毛などが考えられます。

医療レーザー脱毛は料金が高いですが、永久脱毛ができます。
レーザーを肌に照射して毛根部分を熱処理し、毛を生えてこなくさせます。
脱毛回数は、1年に6回ほどです。

エステサロンでの脱毛は、IPL脱毛やフラッシュ脱毛、S.S.C脱毛などの光脱毛が主流です。
光脱毛は永久脱毛と立証されていませんが、その効果に満足している人がほとんどです。
脱毛回数は、1~2年に6~12回ほどです。

>> 医療レーザー脱毛と光脱毛、どっちがハイジニーナ向き?

ワックス脱毛は大変安い料金で一時的に脱毛ができます。
この脱毛は毛抜きと変わらないので、直前にどうしても脱毛したい場合などには有効です。

>> Iライン脱毛の特徴

ページの先頭へ戻る