痛みが怖くて踏み切れない!実際はどうなの?

デリケートゾーンのムダ下を処理するハイジニーナ脱毛は、
恥ずかしさから脱毛に踏み切れない方が多いようです。

しかし、その他にももう1つ決定的な理由で、ハイジニーナ脱毛に踏み切れない理由があります。
それは「痛み」です。

脱毛の種類にもよりますが、脱毛は少なからず痛みを伴うものです。
現段階では、痛みを全く感じないで行える脱毛方法は開発されていません。

ただ痛みを少しでも少なくした機器を取り扱ったサロンもあり、
そこは自分で選ぶことができますよね。

体中のどこよりも痛い!?

一般的にオーソドックスな脱毛方法は、レーザー脱毛や光脱毛・針脱毛などが挙げられます。
サロンや医院によって脱毛の呼び名は違っても、だいたいがこれらの脱毛方法でしょう。

ワキや脚・ウデなどの脱毛は、脱毛方法を選べばほとんど痛みを感じないことも可能です。
ただ、V・I・Oのデリケートゾーンは、皮膚が薄く粘膜もあるので、体中のどこの部位よりも痛みを感じやすい部分になってしまいます。

よく口コミや体験談でも、「Iラインの脱毛はすごく痛かった」「痛すぎて泣きそうだった」
などといった声があります。

こんな意見を聞いてしまえば、脱毛したくても怖くなってしまいますよね。

気になるけど痛みが嫌で行けない...。
私もそこで脱毛を諦めかけていた一人なので、その気持ちはすごく分かります。

実際は、思っていたほど痛くなかった。

しかし私の体感としては、「思っていたよりも痛くなかった」です。
これは「痛くない」といっているのではなく、「想像していたよりも痛くない」ということです。

確かにワキの脱毛に比べると痛みは強くなりますが、
たまたま通っていた脱毛サロンの脱毛方法とスタッフの気遣いのおかげだと思います。

やはり最初は不安でしたが、そんな表情を察してか、
初めから最後までとても丁寧で細かい心配をしてくださって、施術中にも範囲や光の強さなどを細かく調整してくれ、安心して施術を受けられました。

さすが銀座カラーだなぁと感心しました。

ハイジニーナという言葉が流行るずっと前から取り組んできた銀座カラーは、
実績も完成度も他のサロンとは一味違います。

ハイジニーナ脱毛は恥ずかしい、怖いと思っている人にこそお勧めのサロンです。

>> 銀座カラーの体験談

ページの先頭へ戻る