Oラインの脱毛で得られる効果

Oラインは肛門の周りを指します。
脱毛時には肛門周りと言うのではなく、Oラインやヒップ奥と呼ばれます。

Oライン

どんな人が脱毛するのかというと、アンダーヘアのVラインやIラインと一緒に脱毛する人や、
Oラインの毛が濃くてコンプレックスの人などが脱毛しているようです。

たしかに肛門周りに毛がびっしり生えていたら、百年の恋も冷めてしまうかもしれませんね。
自分で気づいていないだけで、意外と生えているかもしれませんよ?

また、Oラインを脱毛することの本当のメリットは、衛生的という点です。
肛門周りにムダ毛があると、排泄のとき、どうしても毛に排泄物が付着してしまいます。
脱毛することで付着することもなく、清潔感が全然違います。

Oラインは自分では見えないので自己処理は特に難しい部分。
デリケートな部分でもありますので、専門家に脱毛をお願いしましょう。

ここではOラインを専門家に任せる脱毛(エステ、クリニック)について紹介します。

エステの光脱毛

エステサロンでは光脱毛が主流です。

光脱毛は、特殊な光を照射して毛根部分のメラニンに反応させて、毛母細胞という毛を作る組織に熱処理することで、毛を生えてこなくさせます。照射する前にジェルを塗布して効果を高めます。

痛みは個人差がありますが、あまり痛くないという人が多いです。

光脱毛の良い点は、痛みが少ないこと脱毛費用が安いことです。
安かろう悪かろうではなく、きちんと通えば毛は生えてこなくなります。
※安心して任せられる脱毛サロンを選ぶことが重要です。

クリニックの医療レーザー脱毛

皮膚科や美容外科などのクリニックでは、高性能の医療レーザー脱毛の施術を行っています。

光脱毛と同じで、レーザーがメラニンに反応して毛母細胞を熱処理します。
レーザー照射前にジェルを塗らない冷却機能付きのレーザー機器を使用している所もあれば、
冷却ジェルを塗ってからレーザーを照射するタイプのレーザー機器があります。

どんなレーザー機器を使用しているのか、最新の機器を使用しているのかは、
クリニック選びで重要なポイントです。

医療レーザー脱毛の良い点は、永久脱毛ということです。
費用は高いですが、効果も高く、4~6回ほど通えば、もうほとんど生えてきません。

Oライン脱毛は、どうしてもここが気になる!

Oライン脱毛で一番気になる点は、
どんな格好で施術を受けるの?ではないでしょうか?

うつぶせで寝てお尻を広げて施術を行うところ、仰向けでひざを立てて施術を行うなど、
エステサロンやクリニックによって少し違います。

いずれにしても恥ずかしい格好は避けて通れません。
恥ずかしいですが、スタッフは慣れていますので何とも思っていません。
それこそ、何百人とデリケートゾーンの脱毛をしてきた人たちですから。

こちらのページもご参考に。
>> 本当に恥ずかしい?体験者が語る真実、脱毛士のホンネ

ページの先頭へ戻る