ハイジニーナ脱毛の施術期間中は次の2点に気をつける

ハイジニーナ脱毛の施術期間中に気をつけるべき点をまとめました。

(1)定期的に脱毛する
(2)毎日の保湿が重要

定期的に脱毛する

ハイジニーナ脱毛に限ったことではありませんが、
1回脱毛したからといって、すべての毛が無くなるというわけではありません。

体中に生えているすべての毛には「毛周期」という毛の再生サイクルが存在します。
成長期⇒退行期⇒休止期を繰り返しています。

成長期 毛が成長する期間
退行期 毛が成長が止まり、抜けやすくなる期間
成長期 毛が抜け落ち、次の成長期に向けて休んでいる期間

医療レーザー脱毛も光脱毛も、成長期の毛にしか効果がありません。

たとえ隣同士の毛であっても、毛周期は1本1本で異なります。
成長期の毛もあれば、退行期、休止期の毛もあります。

この毛周期は、2~3ヶ月周期でサイクルしていると言われています。
そのため、脱毛の施術は2~3ヶ月に1回行われます(エステ・クリニック両方とも)。

医療レーザー脱毛で3~6回、光脱毛で6~12回程度の回数が必要となるので、
少なくとも半年~2年程度通わなければなりません。

毎日の保湿が重要

脱毛をすると、どこの場所でもダメージを受け乾燥します。
特にハイジニーナ脱毛はデリケートゾーンですから、皮膚が弱いのでケアの必要性が高まります。

どんなケアかというと、冬に乾燥を防ぐため脚や腕を保湿するのと同じで、
脱毛した部分に保湿をするだけでOK。

「デリケートゾーンの保湿には何を使えばいいの?」
というご質問を良くいただきますが、顔に使う化粧水・乳液を使って大丈夫です。

肌が乾燥している状態で脱毛すると、
痛みが倍になり、出力を抑えなくてはいけないので効果が薄くなってしまいます。

次の脱毛前までに、毎日の保湿をして、肌を健康な状態に持っていくことが大切です。

ページの先頭へ戻る