産後はいつから脱毛できる?授乳中でも大丈夫?

妊娠中のハイジニーナ脱毛はNGですが、授乳中はどうでしょうか?

授乳中は、薬を服用するとすぐに薬の成分が母乳に移行されてしまいますが、
脱毛は母乳に影響を与えるのでしょうか?

まず、脱毛の可否について見ていきましょう。

サロン、クリニックによって対応はわかれる

妊娠中も脱毛できる所とできない所があるように、授乳中も分かれます。
授乳している間はできない所、生理が再開していればできる所、卒乳や断乳後生理が何回か来たらなど対応が様々です。

母乳育児の人は、生理が再開するのは出産後の1年前後くらいが目安、
ミルク育児の人は、出産後3ヶ月くらいで再開する人が多いようです。

一応の目安としては、脱毛サロンでは生理が再開したらOKというところが多く、
クリニックでは生理が再開する前からOKというところが多いようです。

レーザーや光は母乳に影響があるの?

医療レーザー脱毛のレーザーや光脱毛の光はメラニンに反応する性質を持っています。
その性質を利用して毛根部分の毛を造り出す毛母細胞を熱処理していきますが、
肌のかなり浅い部分にしかレーザーや光は届きませんから、母乳には何ら影響はありません

どうして授乳中は断られるの?

母乳に影響がないなら、どうして授乳中に脱毛ができないのでしょう?

それはホルモンが関係しています。

妊娠中はホルモンバランスが崩れていますが、授乳中も以前の状態まではホルモンバランスは戻っていません。肌が敏感になっていますので、肌トラブルの可能性が高くなり、痛みも強く感じます。

また、授乳中は脳下垂体から分布されるプロラクチンというホルモンが高値になっています。

プロラクチンというのは、乳腺の発達を促し、乳汁を分泌するホルモンです。
その他にも、多毛症や毛が濃くなるといった症状も引き起こす働きがあります。

脱毛しても毛が濃くなる場合があり、店側としてはクレームや途中解約などを避けます。
何より、影響が無いとはいえ万一のことがあっては困りますから、そこまでリスクを負うことはできず、断われてしまいます。

ハイジニーナ脱毛だけでなく、他の部位の脱毛も同じように断られます。
それなら卒乳して生理の再開を待って脱毛したほうが、母体にも赤ちゃんにも良いと思います。

粉ミルクの場合、3ヶ月程度で生理が来る人が多いと書きましたが、ホルモンバランスが不安定なことに変わりはありません。受ける前に必ずサロン・クリニックに相談してからにしましょう。

ページの先頭へ戻る