毛周期ってなに?脱毛とどんな関係があるの?

クリニックや脱毛サロンに脱毛に行くと、必ず毛周期の説明があります。
脱毛しに行って初めて、「毛周期」という言葉を聞くという人は少なくないようですよ。

脱毛と深い関係のある毛周期についてお伝えしていきます。

毛周期ってなに?

毛周期は簡単に言うと、毛の再生サイクルです。
体に生えている毛というのは、生えっぱなしというわけではありません。
抜けて生えてを繰り返しています。

もう少し詳しく見ていきましょう。
毛周期は、3つのサイクルによって成り立っています。

成長期 細胞分裂を活発に繰り返し、毛細血管から養分を取り込み、毛が成長していきます。この期間が長いほど毛は成長してどんどん伸びていきます。
退行期 毛の成長が止まり、毛が抜けやすくなります。
休止期 毛が抜けて、成長期に向けて休んでいる状態です。

また、すべての毛に毛周期が存在し、そして周期が異なります。

脱毛とどんな関係があるの?

毛周期で毛が生えたり抜けたりすることが、脱毛と何が関係しているのでしょうか?

実は、光脱毛・レーザー脱毛ともに、成長期の毛にしか効果がありません。

医療レーザー脱毛や光脱毛はメラニンに反応する性質を利用して、
毛を造り出す毛母細胞という組織を熱処理して毛を生えてこなくさせます。

成長期の毛はメラニンをたくさん含んでいて、毛と毛を造り出す毛母細胞がしっかりくっついているので確実に毛母細胞にダメージを与えることができるのです。

退行期と休止期の毛は、メラニンは薄く、毛が半分抜けたりしているので毛母細胞を破壊することができないんですね。

クリニックや脱毛サロンに行くと、「毛周期に沿って2ヶ月に1回通ってください。」と言われます。
これは、退行期、休止期の毛には効果がないので、1年~2年かけてすべての毛の成長期の時にレーザーや光を照射するためなんです。

何回も通うのは決して無駄ではなく、理由があるからなんですよ。
定期的に通ってきれいに脱毛しましょう。

ページの先頭へ戻る